その他のスマホゲーム PR

ネタバレ注意【物語の魅力5つ】被虐のノエルが面白いので語る

被虐のノエル
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
こんなお悩みの方にオススメ
  • 被虐のノエルってなに?
  • 被虐のノエルってやたら人気じゃない?どうして?

残虐な描写もあります。画像はここでは出しませんが文字としては出てきてしまうので、苦手な方はご自身の心臓を守るために早めのブラウザバックお願いします。

被虐のノエルというゲームをご存じですか?

個人クリエイターがRPGツクール製のフリーゲームとして作成したゲームとしてはゲームだけでなく、コミック、小説とどんどん勢いを伸ばしているゲームとなっております。
そんな被虐のノエルについて語っていきます。

今回は物語編です。

人気ゲームになった秘訣
  • キャラクターの個性
  • 雰囲気のあるBGM
  • 作りこまれた物語

そんな被虐のノエルの物語ついて語っていきます。

被虐のノエルはゲーム実況動画で知ることになり、コミックも購入した私が解説いたします。

ストーリーの面白さ キャラクターの面白さ
被虐のノエル
被虐のノエルカロン

被虐のノエルはどんなゲーム?

ルーチェマリー
  • ジャンル:ADV アクション ダーク・ファンタジー
  • 対応機種:pc、スマホ、スイッチ、ps4、xboxリリース予定

ストーリー:手足を失った少女ノエルと、大悪魔カロンがコンビを組んで自分を罠にはめたバロウズ市長を倒す内容です。

難しい話はwikiをどうぞ

この記事では被虐のノエルの魅力をポイントごとでお話していきます。

ゲームがつまらなくならないように過度なネタバレにならない程度にします。

魅力1:堕天がかっこいい

バロウズ市長

魔人だけですと人間と見た目の違いはないですが、魔人の中でも意志の強いものは「堕天」と呼ばれる形態になることができます。
これがかっこいいのです。

物語で初堕天を披露したのはオスカーですが、最初は堕天ができなかった弟のフーゴも堕天ができるようになります。

この姿がいかにも魔人らしくてそりゃ悪魔と対等に戦えますわなとうなづけます。

魔人の特徴
  • 顔に魔法陣のような紋章
  • 黒目の中に赤い目玉

になります。

後半にもなると堕天のできる魔人ばかり登場してきますが、スーパーサイヤ人のバーゲンセールみたいで個人的には面白いです。

魅力2:ノエルの人間的成長

被虐のノエル

出典:被虐のノエルコミックス第1巻より

15歳ですので精神的な弱さが出てくるのは当然です。

GOOD
  • 自分をだましたバロウズ市長から真実を告げられて、逃げなきゃいけない場なのにかかわらず、ショックを受けその場から自分で動けなくなる
  • 親友のジリアンがノエルを守るという目的とはいえ、結果バロウズと組んでいるのを知り、ジリアンを倒さないといけないのか?と悩む

最初はカロンと二人での行動でしたが、目の前の相手をただ負かして進むだけではなく、次第に行動を共にする仲間が増えたのはまっすぐなノエルに魅力を感じたからでしょう!

魅力3:悪魔と魔人が別格

アクション要素もあるゲームとしては、やはり圧倒的に強い別格の存在がいると面白いですよね。

最序盤はカロンしか悪魔がいなかったので、魔人しかまともにカロンと戦えませんでしたが、

中盤以降にもなると
  • カロン単体の戦闘能力を圧倒的に上回る、魔人の堕天
  • 同じ最上級悪魔だが戦闘能力がカロンより高い悪魔
  • 堕天をしていないのに堕天している魔人と互角

と魔人と悪魔が別格なのは始めからですが、その魔人や悪魔の同士でも実力に差が出てくる描写が多くなります。

ですが、人間だけでも連携を組めば悪魔を止めることはできますし、悪魔でも魔人でもない人間は物語中完全お荷物ではない描写もあるのが被虐のノエルのいいところです。

魅力4:大ボリューム

※追記:シーズン13で完結です。

2021年9月時点でシーズン12まで解放されましたが、実況動画を見ると大抵は1シーズンに2時間はかかっています。

会話シーンが非常に多く、個性的なキャラの想いを思う存分堪能することができます。

キャラクターが特徴的なのもありますが、キャラクターは色で判別しやすいようにしているとの作者コメントもありましたので、誰が誰だっけとはなりにくく覚えやすいです。

魅力5:ゲームではストーリー中心

ストーリーに集中できるように、

アクションシーンは優しい難易度になっています。

物語が進むにつれ、難しいアクションシーンも出てきますが、報酬がなくなるかわりにスキップすることもできます。

あくまでもストーリー重視なのがうかがえます。

さいごに

カロン
元々はフリーゲームのみでしたが、コミック、小説、グッズと有名フリーゲームとなってます。

こちらからフリーゲームをプレイできます。
ゲームプレイも長編になっておりやりごたえ十分となってます。

また、今回はコミック版はkindleでも購入できます。

コミック版

小説版

steamでプレイしたゲームのまとめ
『Steam』ゲームの記事まとめ今まで遊んできたSteamゲームのまとめになります。項目別にまとめてあります。...
メインブログはこちら
本家のヘッダー

ブログ村のブログランキングサイトに参加しております。

応援してくれるとやる気につながりますのでクリックよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【承認制】この記事のご感想やコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.